死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発。 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 (角川文庫)』(門田隆将)の感想(68レビュー)

『死の淵を見た男』門田隆将

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

恥ずかしながら、この本を読んで初めて、あの誤報がとんでもないものだったのだと心底理解しました。 いや、今も従事している沢山の方々がいる。 本書は、今年の年始に実家に挨拶するため帰省した折、父が読んでいたのを借りて少し読み、読み通したくなったので自分で入手した。 2019年9月9日. 58歳という享年、その直接の死因となった食道癌の解釈は色々であろう。 彼らは死の淵に立っていた。 本書は原子力発電の良し悪しや東京電力そして一部政治家の責任論的な立場でなく、当時、関係者がどう動いたかを中心に据えている。

次の

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

家事に支障をきたすほど、飲み込まれた本でした。 そのとき起こっていたこと 情報の錯綜、混乱する現場、という表面的な言葉だけではなく、何がそこで起こっていたのか。 竹丸吾郎 演 - 東都電力。 どうか安らかに。 原子炉に水を注入し続け、格納容器を爆発させないためにベントを行う。

次の

【楽天市場】PHP研究所 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 /PHP研究所/門田隆将

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

2019年9月9日. こういう行為を取り締まる法律がないのが不思議だ。 原子炉以外に核燃料保管用のプールが損傷している可能性もあり、予断は許されない。 菅総理のいけてなさ、駄目さがひしひしと伝わってくるストーリーでもありましたね。 購入済み 角川文庫版の方が価格が安いです 匿名 2020年03月08日 内容は、お勧めなので星5つにしましたが、2016年に再版された角川文庫版「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」の方が、文庫本のため新しく価格が安いです。 誰もが、家族の深い愛を知った。 これからの日本の平和を託され、死と隣り合わせにあった現場の人々。 冷却機能を失った原子炉は、致命的な暴走へと突き進む。

次の

門田隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』の感想

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

卑怯にも、吉田所長死亡後、1年経たないタイミングでの朝日新聞の報道キャンペーンであり、「死人に口無し」の状況を利用しようとした、としか思えない。 com 2013年8月21日. 1・2号機当直長伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉制御に奔走する。 逃げるどころか、踏み止まって事態に対処している人たちにもその 声は聞こえていた。 ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• 2009年6月にも、経産省の公式会議である「総合資源エネルギー調査会 原子力安全・保安部会 耐震・構造設計小委員会 地震・津波、地質・地盤合同ワーキンググループ」内で、産業総合研究所の活断層・地震研究センター長は、東電は津波対策として貞観地震を検討すべきと明言し、想定を格段に厳しく見直すべきだと指摘していた。 加えて昨今自己中心的な人が増えていると思われる中。 『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で山本七平賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 日本人ならみんなに読んで欲しい 購入者さん 評価 5. 原発事故は行政と事業者の慢心が生んだ事故である。

次の

『死の淵を見た男』門田隆将

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

2018年11月20日. ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 演じた俳優 [ ]• 2011年3月、暴走する原子炉。 それぞれの発言をそのまま記載されているので、変な主観がなく、それぞれの立場で見ることができる本です。 「『菅降ろし』を潰した男」『アエラ』2011年6月13日号• 製作:堀内大示、大角正、布施信夫、井戸義郎、丸山伸一、安部順一、五阿弥宏安、、柴田建哉、岡畠鉄也、五十嵐淳之• それにしても時の総理大臣はイラ〇の愛称の通り現地に急に来て怒鳴り散らして掻き回すばかり、その後の心ない発言も含め、映画ではきっと悪役になるだろう。 ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• 氏の名前をタイトルに付けているが、プロローグとエピローグに伊沢郁夫氏を持ってきたのは何故かという気がするのである(だから、上記の私なりの要約ではその辺りは省略している)。

次の

Fukushima50の原作「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を読んで考える日本の原発

死 の 淵 を 見 た 男 吉田 昌郎 と 福島 第 一 原発

冬場になると都会に出稼ぎしていたり役場に金がなかったりした貧しい町はの財政はよくなり、医療費は無料になり、地域の雇用を生み出した。 90人を超える関係者にインタビューを繰り返し、「何があったのか」を読む人に克明に伝えるノンフィクション。 巻末の「おわりに」に、斑目委員長の会見の弁が記されている。 どのような映画作品になるのかを想像しながら読むのも一興です。 吉田所長を始め、所員のみなさんの奮闘は、まさしく「死の淵」(日本の滅亡)の手前で繰り広げられていた、ということを知ることができます。

次の