クリュ ボジョレー。 クリュ・ボジョレーのジュリエナ/ジュリエナスは誤読らしい、、、|庶民のワイン研究所

クリュ・ボジョレーのジュリエナ/ジュリエナスは誤読らしい、、、|庶民のワイン研究所

クリュ ボジョレー

ガロ・ローマン時代には、傾斜地でブドウの木を栽培していたと言われています。 いますぐにも十分お愉しみいただけますが、4~5年の熟成を経ることでより深みと落ち着きが加わった姿もまた楽しみです。 大きな水晶を含む花崗岩、という独特の土がワインの味わいに差をつけています。 北部メドック(旧バメドック)を構成するコミューンは以下のとおりです。 ルー・デュモン ルー・デュモンは日本人醸造家の仲田晃司氏が設立したネゴシアン。

次の

ボジョレーヌヴォにも種類があるの知ってました?等級の違いと種類の数々!

クリュ ボジョレー

ボジョレー地区の中で、村名を冠することができる10区画しかない"クリュ・デュ・ボジョレー"の区画のうち9つの区画に自社畑を所有しており、"クリュ・ボジョレーのスペシャリスト"として知られています。 これら クリュ・ボジョレーは、ワイン法により生産された村名で販売することができますが、単純なボジョレーワインとして地域名で出荷されたりもするそうです。 このタンニンは温度を下げ過ぎると目立ってしまうので、力強いピノノワールを飲む時よりは低い温度だけどレニエを飲む時よりも1~2度高い温度が一番おいしいと思われます。 試験ではブルゴーニュ地方全体での位置を問う問題での選択肢として頻出なので、 最低限この10個がボージョレ地区に属していると覚えておいて下さい!あと、ポイントとして、最大・最小・最新のAOCと書いていますが、筆者個人としては 「面積最大」の Brouilly ブルイィさえ頭に入っていれば良いかと思っております。 世界的に有名なボジョレーヌーボーは、ここで生産されます。 主張しすぎないがしっかり心に残る味わいを持ち、もちろん余韻も素晴らしく、幸福感にひたっていられる。

次の

クリュボジョレー

クリュ ボジョレー

溢れる様な赤系果実の香りと旨味が魅力の赤ワイン。 これらは複数の畑のブドウをブレンドして均一化させて大量に売り出します。 標高の高いところは小石が多く、良い酸やスパイスのニュアンスを持つワインができ、また低い方では果実味豊かでまろやかな味わいとなります。 しかし、前述したとおり、フランスワインは本質的にそれらの生産地域の特徴によって知られています。 花崗岩とピンク色の粘土がワインに独特の特徴を与える、ドメーヌにとって欠かすことのできないキュヴェです。

次の

Cru du Beaujolais

クリュ ボジョレー

飲み頃になるのに、 若干の歳月を要すがそう長いものではない。 ムーラン・ナ・ヴァンに比べると華やかで優美なワインとなる。 つまり 昨今のワイン業界はまさにボジョレー・スタイルのワインを求めているといえるでしょう」とボジョレーワイン委員会会長のドミニク・ピロンさん。 樹齢20年。 マコンからリヨンまで続く南北55キロメートル、ソーヌ河右岸に広がるなだらかな丘陵地帯がボジョレ地区です。 マルセル・ラピエールのラベル. 中でも肥沃でない、乾燥した花崗岩が織りなす畑でつくられたワインのみ「ブルーイィ」を名乗れます。

次の

クリュ・デュ・ボジョレー Les crus du beaujolais

クリュ ボジョレー

に醸造長としてオファーされた実力派で、ブドウ本来の旨味がじわじわと広がるそのワインは世界中の愛好家を魅了し続けています。 120• 極めて優れた品質のワイン(非常に高額で売られます)を造るために、A. 熟成させたほうが美味しくなるワインももちろんあります。 香り高く、赤い果実の香りで、うきうきした気分になれるワイン。 トラン村近くの丘に有名な風車があって、1930年歴史的建造物に認定され、「ボジョレーの領主」と呼ばれ、シンボルになっている。 ボジョレー・ヌーヴォーの最大の輸出先はもちろん日本。

次の

クリュブルジョワとは?特徴と全体像

クリュ ボジョレー

規定で認められてない 葡萄品種を使用する目的で、自分のワインをA. 柔らかな赤い果実の味わいが、エレガントで優しく女性的であるからでああろう。 これならあくまでジューシーな濃さであり杯が進むと言える。 例年よりも黒い実の果実主体でシナモン香も強く、熟して味が濃い。 さらに試飲されたのち専門委員会でヴァン・ド・ペイとして認められなければなりません。 ボジョレー地域の広さは、南北55km、東西15kmで、22,000haの葡萄畑が96ヶ村にまたがっている。

次の

Cru du Beaujolais

クリュ ボジョレー

なので温度は当然若干低めがおいしい。 抜栓の4日後までまったく落ちない。 各クリュの特徴は以下の通り。 近年注目!ガメイ種とは イチゴ、ラズベリーなど赤系果実やキャンディの香りと快活な赤系果実の風味があり、タンニンも控えめなことから、気軽に嗜むことができるのがガメイ種から造られるワインの醍醐味。 16世紀からボジョレー地区モルゴンでワインの生産を行ってきたファミリーの14代目、ドミニク・ピロンは、熟成向きの質の高いクリュ・ボジョレーの生産に力を注ぎ、高い評価を得ています。 15の区画がクリマ名の併記が認めれれている。 こちらはラズベリーやサクランボなどの果実のアロマが華やかに香り、スパイスのニュアンスも漂います。

次の