キャタピラー スマホ。 【購入レビュー】キャタピラー社のAndroid端末、CAT S60を買ったのでレビューします

世界初の赤外線サーモカメラ搭載の頑丈系スマホ「CAT S60」をキャタピラーが開発

キャタピラー スマホ

暗所でのフォーカス合わせがやや弱いようだ。 例えば、次のようなテストに耐えられなければ、MIL-STD-810Gに準拠していると言えません。 従来JPEGに比べ2倍の圧縮効率を実現するHEIFをサポート。 手袋を着けたままの操作も簡単 手袋モードをオンにすると、その名の通り手袋を着けたまま画面のタッチ操作ができるようになる プログラムキーからよく使うアプリやアクションを素速く呼び出せる 本体の左側側面にはカッパーに塗装されたひときわ目立つ「プログラムキー」が搭載されている。 一番印象が変わるのはディスプレイと画面解像度で、5. IPX7:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない• 8メートル(180センチ)からの 落下試験にも合格しているタフネスっぷりも健在です。 ・のスポンサーを務めている。

次の

【CAT S61】サーモグラフィ―カメラ内臓スマホ

キャタピラー スマホ

万能さではなく、ニッチな需要に応えているのがタフネススマホの魅力と言えるでしょう。 カメラ性能は、 メインのアウトカメラには1,300万画素でCMOSセンサーにPDAFへ対応しLEDフラッシュを搭載。 底面のmicroUSBポートも、キャップで覆われています。 第3位:Blackview BV9600 Pro 画像引用元: 販売価格 41,842円(Amazon) 3位は、中国のBlackviewというメーカーのBlackview BV9600 Proです。 解像度もフルHDまで確保されているので、Amazonプライム・ビデオの動画もスムーズに見られた。 逆にグレードアップされた部分は 防水防塵機能がIP67からIP68に変更になりました。 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• CAT S60をFedExで取り寄せた場合、税金(消費税+地方消費税)として2,700円、その他手数料として500円、合計3,200円が商品代金とは別に請求されます。

次の

男ならこれだろ!頑丈なタフネススマホおすすめランキング【2020年版】

キャタピラー スマホ

スペックとカメラ性能は今となっては厳しいものであり、なんでも1台で済ませられる端末とはいえない。 前作のS40が 5. 95mm、重量は220gです。 レーザーアシスト距離測定機能搭載 名前が難しくてよくわからないけど、要はレーザーで10メートルまでの距離を測定できるようになった。 銘柄入替日時点でのウェイト順• 4mm 厚さ:12. ホルト・マニュファクチャリング社は、1904年に無限軌道を足回りに使用したトラック・タイプ・トラクタ(Track Type Tractor, 履帯式トラクタ)を世界で初めて製品化した企業であり、「キャタピラー」は同社の履帯式トラクタの商標であった。 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. キャタピラー社製装軌車両は建設用車両や陸戦用車両に革命を起こし、戦闘用車両として使われるうちに無限軌道の改良が進んだ。 高い透明度と強度を持つ Gorilla Glass 5 を搭載• S41のパッケージに同梱されているUSB OTGケーブルをUSB端子に接続してから、その先にデジタル機器を付属するUSBケーブルでつなぐ。

次の

CAT スマホ 販売

キャタピラー スマホ

キャタピラー社は重機などではお馴染みの会社で、まさに現場で働く方のためのタフネススマホです。 安心して購入してほしい。 サイズ:75x152x12. 照明を落とした室内でのテスト。 CAT S61の対応バンド CAT S61は残念ながらまだ日本では発売していないけど、海外通販で送料無料で購入できる。 MIL-810G規格っていうアメリカ合衆国国防総省が策定した耐環境性試験規格(MIL-STD-810)に準拠した試験実績(水に沈めたり、振動を与え続けたり…などなど)をクリアしているらしいんですけど、 まさかここまでとは。 (当ショップ取扱いの他社ブランド商品も、全品メーカー保証付きです。

次の

キャタピラーのタフネススマホ「CAT S41」がオンキヨーから発売中

キャタピラー スマホ

6 mm 重量:200 g Sim:Dual SIM 液晶:4. CPU:MTK6757(オクタコア)• CAT S60 の開封レビュー(写真付き) さすがにマイナーな端末らしくCAT S60の開封レビューなども他に見当たらなかったことですし、折角なので、ざーっと写真で紹介してみたいと思います。 (日本語) ビジネスデータ• スペック軽視の延長で、次々新しいものを出す必要がないということだと思います。 ここまで重いと、普通に持ってもついしっかり握ってしまいますので、落としたり滑らせたりすること自体が減る気がします。 上には上がいて、ここ最近での最重量スマートフォン(タブレットを除く)は昨年秋に発売されたHUAWEI(ファーウェイ)のP8max(228g)なんですが、P8maxは 6. それが、CATERPILLAR(キャタピラー)社のSIMフリーAndroid端末「 CAT S60 SMARTPHONE」です。 また、2003年(平成15年)に相模開発センター Sagami Development Center が設置され、ミニ油圧ショベル・ミニホイールローダの開発を担う世界的中核拠点となっている。 質実剛健という言葉が似合いすぎる スマホとしてのスペックではエントリークラスだったS40からは性能面も大きく強化。

次の

キャタピラー CAT 耐衝撃&防塵防水対応 S48C 登場!!

キャタピラー スマホ

日本語では「拡張現実」とも呼ばれています。 0(Nougat) SoC CPU MediaTek Helio P20(MTK6757) オクタコア(2. 関連リンク — オンキヨー株式会社 最近7日間の人気記事• 水深5mに60分浸しても正常動作することを保証しているほど。 19 追記) 厳密に言えばデュアルスタンバイに違いはなのですが、先日発売されたZenFone 3 Deluxeなどとは異なり、どちらか一方のSIMで4G 3G を使用した場合、もう一方のSIMはGSM(日本では使われていない通信方式です)のみ使用可能となるようです。 その他にも耐振動、耐日射、防湿 温度耐久、低圧耐久、塩水耐久にも対応しております。 10月4日から販売を開始したところ、すでに10台近くが売れたそう。 8mからコンクリートに落とす試験も行っているとのこと。 例えばiPhoneだと、スペック上は防水・防塵でありながら、シャワーに当てたり湿気の高いところで使ったりすることはNGとされています。

次の

キャタピラーのタフネススマホ「CAT S41」がオンキヨーから発売中

キャタピラー スマホ

同社は多くの変化を経て、の終わりに急激に成長をはじめた。 「水中モード」は水中で撮影するために、タッチパネルのすべての機能を無効にするモードです。 計測値は保存もできます。 Waterproofはディスプレーに水滴が付着していたり、濡れた手でも操作しやすくするための機能、Glove Modeは手袋を装備している状態で操作するための機能だ。 この記事の目次(クリックでジャンプ) CAT S60振り返り CAT S61を紹介する前にまずCAT S60について振り返る。 使い方はとてもシンプル。 建設現場やアウトドアでの利用を想定して開発された製品で、スマホとしては群を抜くMILスペック準拠の耐衝撃性能やIP68規格準拠の防塵防水性能を誇ります。

次の