メトトレキサート 添付 文書。 メトトレキサート錠2mg「トーワ」

メトトレキサート

メトトレキサート 添付 文書

1).過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒、発熱、蕁麻疹[投与を中止する]。 肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染。 また、患者に対し発熱、倦怠感が現れた場合には、直ちに連絡するよう注意を与える。 (高齢者への投与) 高齢者では腎機能等生理機能が低下していることが多く、メトトレキサートの排泄遅延により副作用が現れやすいこと、また、免疫機能低下の影響を受けやすいため、重篤な感染症が現れやすいことから、腎機能検査値に十分注意し、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 具体的には葉酸を合成する酵素である ジヒドロ葉酸還元酵素(ジヒドロ葉酸レダクターゼ、dihydrofolate reductase:DHFR)の働きを阻害する作用を持っています。

次の

【ロキソニン】他の薬との飲み合わせ(相互作用)に注意!【添付文書より】

メトトレキサート 添付 文書

骨髄抑制• 本剤のプロスタグランジンの生合成抑制作用により、これらの薬剤の降圧作用を減弱させる可能性がある。 8.ポルフィマーナトリウム[光線過敏症を起こすことがある(ポルフィマーナトリウムは光感受性を高める作用があるため、光線過敏症を起こしやすい薬剤の作用を増強する)]。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[催奇形性を疑う症例報告があり、また、動物実験 マウス、ラット及びウサギ で催奇形作用が報告されている]。 非ステロイド性抗炎症剤投与中• レパグリニド[レパグリニドの血中濃度が上昇することがある トリメトプリムがCYP2C8を阻害するためと考えられている ]。 2.その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、症状に応じて適切な処置を行う。

次の

メトトレキサートカプセル2mg「サワイ」(リウマトレックスカプセル2mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

メトトレキサート 添付 文書

その後、ロイコボリンの投与を行う *。 低出生体重児、新生児。 1回又は2回分割投与の場合は残りの6日間、3回分割投与の場合は残りの5日間は休薬する。 炭酸リチウム• 2.骨髄抑制、肝機能障害、粘膜障害・消化管障害等の細胞毒性に起因する副作用が発現した場合には、適切な処置を行いながら、本剤の拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を次の方法により投与する:注射剤を投与する場合は通常、ホリナート(ロイコボリン)として成人1回6〜12mgを6時間間隔で4回筋肉内注射する、錠剤を投与する場合は通常、ホリナートとして成人1回10mgを6時間間隔で4回経口投与する(また、尿量、排尿回数をチェックし、排尿が少ないと判断したときは、点滴又は経口により水分を補給し排尿を促す)。 リチウム製剤:• B型肝炎ウイルスキャリア又はC型肝炎ウイルスキャリアの患者に対する本剤の投与により、重篤な肝炎や肝障害の発現が報告されており、死亡例が認められている。

次の

メトトレキサートカプセル2mg「トーワ」

メトトレキサート 添付 文書

使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1.本剤の投与において、感染症、肺障害、血液障害等の重篤な副作用により、致命的経過をたどることがあるので、緊急時に十分に措置できる医療施設及び本剤についての十分な知識と適応疾患の治療経験を持つ医師が使用する。 スルホニル尿素系血糖降下剤: トルブタミド等 スルホニル尿素系血糖降下剤は「スルホニル尿素(SU)剤」のことで、血糖値を下げる薬であり、糖尿病に用いられます。 スルファメトキサゾール・トリメトプリム メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 Tom ksrykgk gmail. 13.小児及び高齢者に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与する。 547 48時間後 0. 分割して投与する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で投与する。 併用薬剤が血漿蛋白と結合しているメトトレキサートを競合的に置換遊離し、メトトレキサートの濃度を上昇させ、その毒性を増強させる。 原因と言われているものはストレスや感染症などがありますが、 はっきりとはわかっていません。

次の

メトレート錠2mgの添付文書

メトトレキサート 添付 文書

臨床検査結果に及ぼす影響• 脳症 白質脳症を含む :脳症 白質脳症を含む が現れることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 47 1. 4.本剤の投与に際しては、副作用の発現の可能性について患者に十分理解させ、発熱、咳嗽・呼吸困難等の呼吸器症状、口内炎、倦怠感が認められた場合には直ちに連絡するよう注意を与える。 スルホニルウレア系経口糖尿病用剤 グリクラジド、グリベンクラミド等 [ 臨床症状 これらの薬剤の血糖降下作用を増強し低血糖症状が現れることがある 本剤がこれらの薬剤の肝臓での代謝を抑制する ]。 免疫機能が抑制された患者への生ワクチン接種により、ワクチン由来の感染を増強又は持続させる恐れがあるので、本剤投与中に生ワクチンを接種しない。 なお、結核の活動性が確認された場合は本剤を投与しない。

次の

医療用医薬品 : メトトレキサート

メトトレキサート 添付 文書

過量投与時に報告された主な症状は血液障害及び消化管障害であり、また、重篤な副作用を発現し、致命的経過をたどった症例が報告されている。 薬剤名等 ニューキノロン系抗菌剤 エノキサシン水和物等 臨床症状・措置方法 その痙攣誘発作用を増強することがある。 252 3回目投与時 0. 前回の投与によって副作用が現れた場合は、減量するか又は副作用が消失するまで休薬する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しない[催奇形性を疑う症例報告があり、また、動物実験(マウス、ラット及びウサギ)で催奇形作用が報告されている]。 ペニシリン ピペラシリンナトリウム等 、プロベネシド[メトトレキサートの副作用 骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等 増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム ロイコボリンカルシウム を投与する 併用薬剤がメトトレキサートの腎排泄を競合的に阻害するためと考えられている ]。 但し、年齢、症状に応じて適宜増減する。 ポルフィマーナトリウムは光感受性を高める作用があるため、光線過敏症を起こしやすい薬剤の作用を増強する。

次の

メトトレキサート製剤使用時の結核スクリーニングについて

メトトレキサート 添付 文書

本剤を長期使用した患者あるいは本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、悪性リンパ腫、急性白血病、骨髄異形成症候群 MDS 等の二次発癌が発生したとの報告がある。 しかし、メトトレキサートと同時に飲むことはできません。 1 ー ー 72時間後 ー 0. 高齢者。 併用薬剤が血漿蛋白と結合しているメトトレキサートを競合的に置換遊離し、メトトレキサートの濃度を上昇させ、その毒性を増強させる。 間質性肺炎 メトトレキサート・フルオロウラシル交代療法で0. 関連項目 [ ]• 3.スルファメトキサゾール・トリメトプリム[メトトレキサートの副作用<骨髄抑制・肝・腎・消化管障害・血液障害等>増強されることがあるので、頻回に臨床検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、メトトレキサートの減量、休薬等適切な処置を行い、また、メトトレキサートの拮抗剤であるホリナートカルシウム(ロイコボリンカルシウム)を投与する(両薬剤の葉酸代謝阻害作用が協力的に作用するためと考えられている)]。 スポンサーリンク• 鎮痛剤やステロイドだけでは骨の破壊までは止めることができないため、これら抗リウマチ薬による免疫抑制作用が必要になります。

次の

メトトレキサート製剤使用時の結核スクリーニングについて

メトトレキサート 添付 文書

スルホンアミド系薬剤 テトラサイクリン クロラムフェニコール フェニトイン バルビツール酸誘導体 メトトレキサートの副作用(骨髄抑制、肝・腎・消化管障害、血液障害等)が増強されることがある。 2 識別コード(包装) Tw427 質量(mg) 約175 品質再評価終了状況 指定なし 一般名処方の標準的な記載 【般】メトトレキサートカプセル2mg 一般名コード 3999016M1ZZZ 原薬製造国 中華人民共和国. 葉酸(フォリアミン)が消化器症状・肝機能の副作用の軽減に リウマトレックス(メトトレキサート)を服用して24〜48時間後に葉酸の フォリアミン錠が処方されるケースがあります。 投与が長期間にわたると肝組織の線維化・硬変があらわれるおそれがある。 生殖器 CMF療法 : 頻度不明 無精子症、卵巣機能不全、月経不全、流産。 (保管上の注意) 遮光。 メトトレキサートカプセル2mg「SN」• 痛み止めや炎症を抑えるのに用いられるロキソニンですが、ほかの薬との飲み合わせに注意する必要があります。

次の