Eu 歴史。 外務省: わかる!国際情勢 EU(欧州連合)~多様性における統合

EUの歴史を人に伝える時にわかりやすくサクッとまとめてみた。

eu 歴史

そしてその理念のもと、1958年にはEURATOM(ヨーロッパ原子力共同体)が創設、さらに密な経済統合を行うため仏独両国のほかイタリアやオランダ・ベルギー・ルクセンブルクなども加わりEEC(ヨーロッパ経済共同体)が作られます。 このため、EUはそのような懸念を招きかねない条項を削除するなどして、改めて別の条約を作成。 日本では、日本製品を外国に売るとき、外国政府に「関税」を支払わなければいけません。 欧州議会は本来の任期を3か月以上遅らせて、ようやく第2次バローゾ委員会を承認した。 1990年代はがきっかけとなっての発展が強く進められていった。 ただトルコに関してはイスラム教徒の割合も多いので内外において批判が大きいです。 電子通信規制パッケージ(通信分野) 2009年12月に通信規制に関する新しい規則と指令が公布された。

次の

EUって何?今さら人に聞けないのでコッソリ歴史を勉強してみました!

eu 歴史

EUへの投資を拡大できる それでは、順番に紹介していきますね。 1999年にユーロが導入されてからも、イギリスは自国通貨としてポンドの使用を続けていました。 しかし、ECがEUに代わった後、2016年6月23日に実施された国民投票により、 イギリスのEU脱退が決定した。 今や最終目標はただの経済団結だけではありませんでした。 1979年、直接普通選挙によるはじめてのが実施された。 EU誕生までの歴史は、第二次世界大戦直後まで遡ります。 ですから、今回はEUとは何かの説明で、「これははずせない。

次の

欧州連合の歴史

eu 歴史

このフランス・ドイツ両国を和解させるため、1950年にフランスの外相シューマンが発表したのが、 シューマン・プランでした。 <ユーロ導入以前> ドイツの通貨は「マルク」、フランスの通貨は「フラン」でした。 通貨「ユーロ」とは?• リスボン条約によってが常任化され、はその機能が大幅に拡張された。 拡大により、域外国からEUへの海外直接投資(FDI)は、2004年はGDP比15. この年の6月4日には、が、そして機能が強化されたに指名され、への介入を決めた。 まったく経済規模の違うこの2県が同じ通貨で経済活動を行えるのは、財政が一緒だからです。 International Herald Tribune. これまではそれぞれの国が独自の通貨を使っていました。

次の

EU(欧州連合)の基礎知識 [社会ニュース] All About

eu 歴史

その翌年の1950年5月9日、フランス外相ロベール・シューマンはヨーロッパの石炭と鉄鋼という、戦争で用いられる兵器の製造に欠かせない2つの素材に関する産業を統合することを目的とした共同体の設立を趣旨とする、いわゆるシューマン宣言を発した。 European Integration online Papers. トルコは果たしてEUに加盟できるのでしょうか? トルコは、1987年に加盟申請を行いました。 10,346 views May 27, 2017 に投稿された• 1986年 第3次拡大 スペイン、ポルトガル 強権体制が続き、工業化も遅れていたスペインとポルトガルが加盟。 加盟国が増えることで、EUの国際的な影響力は高まる。 しかし2002年を機に、EU加盟国のほとんどの国で同じ通貨として「ユーロ」導入し、各国で使われていた通貨を廃止することになりました。

次の

≪図解≫EUとはどんな組織? 基礎から分かりやすく説明します

eu 歴史

たとえばEUに子会社や支店を展開している企業や、EUに各種サービスを提供している企業も遵守する必要があります。 欧州議会と立法機能及び予算権限を共有し、共通外交及び安全保障政策と経済政策調整で中核的な役割を担う。 日本銀行が日本円を発行できない状況を考えれば、その辛さが分かるのではないでしょうか? 財政が悪化しても通貨を増発することができず、財政破綻したのはユーロ加盟国のギリシャでした。 英外相ベヴィンは占領地区での連合国による産業解体の方針を再考する必要があるとしている。 そしてシューマンは石炭鉄鋼共同管理案を提唱し、 「シューマン・プラン」を発表。

次の

≪図解≫EUとはどんな組織? 基礎から分かりやすく説明します

eu 歴史

その間、1990年にミッテラン仏大統領とコール独首相が、EMU 経済通貨統合 を形成してそのまま政治統合まで実現するとの共同提案を行った。 我々が現在の国際情勢のニュースでよく耳にするEUは、元を辿ればヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)と呼ばれる組織が起源です。 【EC誕生】 1950年ECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)の設立を提案。 しかし、60年代に入り、経済成長率でEC諸国に後れを取るようになると方針を改め、73年にアイルランド、デンマークと共にECに加盟した。 ハンガリー• 共通の外交・安全保障政策をもつ• ルーマニア• そして、ECからEUへ、経済統合から政治統合へ ECは先ほどもいったように単一のヨーロッパ市場をめざしてがんばっていましたが、それをさらに強固なものにするためには、 通貨統合が必要である、という認識が生まれてきました。 移民についても、特別な理由がない限り拒否できません。

次の