オールド パー 18 年。 OLD PARR

オールドパーの味や種類。美味しい飲み方もご紹介

オールド パー 18 年

普段の家飲みやパーティーでもオールドパーのボトルが1本あればハイボールで充分に楽しめるので、ぜひこれからの季節に揃えておきたいですね。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 さまざまなシーンで楽しめるスコッチウイスキー・新生オールドパーの世界に触れてみてはいかがでしょう。 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 気になる値段ですが、公式サイトではAmazonでの購入を促しています。 おすすめ情報• そこには、スコッチウイスキーの多様な魅力が絶妙のバランスで融合されているからです。

次の

OLD PARR

オールド パー 18 年

【オールドパー シルバー】 柑橘系のフルーツやハチミツ、バニラを思わせる甘い香りが魅力。 ウイスキーを試してみたい、オールドパーを飲んでみたいというウイスキー初心者や、普段の家飲みにお勧めなのは価格も比較的安くて手に入りやすい「オールドーパーシルバー」。 樽からゆっくりと解放される芳醇なバニラと、軽やかな甘いモルトのアロマが絡み合うことで、オールドパー史上最高のバランスと滑らかさを持つウイスキーが誕生しました。 試行錯誤を重ねて生み出した唯一無二のウイスキーに「オールドパー」と名づけました。 ストレート、ロックがおすすめ。

次の

「オールドパー」は、時代を超えて愛されるブレンデッドスコッチ|たのしいお酒.jp

オールド パー 18 年

日本が令和の時代を迎えた2019年には、マスターブレンダーが「史上最高のバランスを実現した」と語る新商品「オールドパー 18年」を発売するとともに、従来品の意匠をリニューアルしています。 明治4年、明治新政府は新たな国づくりに挑むにあたり、欧米諸国の進んだ国家制度、産業技術、伝統文化を視察する大使節団を結成した。 熟成を重ねて円熟味を増したこのウイスキーは、ほのかに感じるモルトの甘さとバニラの香り、滑らかな舌ざわりとかすかにスモーキーなフィニッシュが特徴です。 ストレートやロックのほか、加水して飲むのもおすすめです。 関連情報. オールドパー クラシック18年 - 2004年発売。 ブランドにモダンな解釈を与え、統一感のあるパッケージデザインを実現。 この伝説の人物の名をウイスキーのブランド名に冠したのは、その長寿を「ウイスキーの熟成」に、培われた叡智を「ブレンド技術」になぞらえたためだとか。

次の

OLD PARR

オールド パー 18 年

【オールドパー 18年】 18年以上熟成された貴重な原酒をブレンド。 令和の時代を迎え現代のウイスキー消費者にふさわしい、新しい時代のスコッチとしてデザインを刷新、再登場いたします。 熟成感によって異なる味わいの魅力を、シルバー、ゴールド、ブラックの3色で演出しました。 フルーツのような甘い香りと、まろやかな口当たりが特徴である。 ストレート、ロック、1:2の水割りがおすすめ。

次の

OLD PARR

オールド パー 18 年

新しい「オールドパー18年」は、長期熟成のモルトウイスキーにグレーンウイスキーをブレンドすることで実現した芳醇で滑らかな味わいが魅力のブレンデッドウイスキー。 そう教えられて改め見てみると、確かにパッケージデザインからも、伝統とモダンの融合が感じられます。 「オールドパー」のボトルデザインが日本のリーダーたちに愛される 「オールドパー」は、明治以降、吉田茂や田中角栄といった政治家をはじめ、企業の経営者や文豪など、日本のリーダーたちに愛飲されてきました。 【最高のバランスを実現】オールドパーのマスターブレンダー、クレイグ・ワレスは新商品「オールドパー 18年」について「オールドパー史上最高のバランスを実現した」と語っています。 【オールドパー 12年】 フルーティーな甘味のなかに、奥行きのあるスモーキーさが感じられる、調和のとれたやわらかな味わいが魅力。 柑橘系の香りとともに爽やかな余韻が楽しめ、何杯でもいただけそうです。

次の

新生「オールドパー」はどう違う? 新しくなった3種を飲み比べてわかった実力

オールド パー 18 年

表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 まさにリッチな一杯に思わず脱帽です。 長期熟成ならではの、なめらかな口当たりと豊かな余韻がたのしめる重厚な1本です。 歴史を感じさせて知的に語り合う大人の飲み会にはオールドパー12年。 ウイスキーの中ではブレンデッドスコッチウイスキーという種類に分類されます。

次の

オールド・パー

オールド パー 18 年

和食とも好相性です。 チーフブレンダーが満を持して作り出した至高の一杯を味わう その目玉と言えるのが「オールドパー18年」の登場です。 厳選された9種類のモルトをブレンドすることで、ウイスキー本来の味わいを引き出した、ブレンデッドモルトウイスキーです。 スムーズな味わいで、ハイボールにするとフレッシュな香りが強調される、エントリータイプの1本です。 最高の技術で完成させたブレンデッドスコッチウイスキーを末永く世に広めたい、という思いからロンドンで会社を創業したグリーンリース兄弟。 PRODUCT LINE 商品ラインナップ• ウイスキーはグリンリース兄弟が考案した独特の四角のボトルに入れられ、ボトルの表面には17世紀の陶製ボトルをイメージしたクラックル・パターンというひび割れ模様がデザインされている。

次の

新生「オールドパー」はどう違う? 新しくなった3種を飲み比べてわかった実力

オールド パー 18 年

アイラの豊かなピートの土壌、滑らかなスペイサイドの水、そして温かさをもたらすクラガンモアの樽のハーモニーが、ユニークかつ複雑なオールドパーの体験をもたらします。 「オールドパー」は今も進化を続ける 出典:オールドパー公式サイト 「オールドパー」は、つねに最適を提供し続けるブランド 「オールドパー」は、誕生から100年を超える今もなお、つねに理想のブレンドを追求し続けています。 明治政府が欧米に派遣した使節団が、明治6年(1873年)に帰国した際に持ち帰ったとされていて、使節団のリーダー・岩倉具視をはじめ、明治維新の英傑たちも「オールドパー」に魅了されたかと思うと、その歴史の深さが改めて感じられます。 「オールドパー」は、贈答品としても人気があります。 実はこちらの「12年」と「シルバー」は、パッケージデザインのみのリニューアルだそう。 滑らかな舌触りと長い余韻が長期熟成を感じさせる、重厚で複雑な味わいが特徴です。 バロック時代を代表する画家ルーベンスが彼の肖像画を描いたのも、いかに彼が知恵にあふれた人物であるかを物語っている。

次の