コーヒー カップ イラスト。 コーヒーカップと湯気の描き方

鉛筆でコーヒーカップをリアルに描いてみよう!

コーヒー カップ イラスト

[案1]ストロー、ミルク、ガムシロップを1人分ずつ小さいカゴや専用の器などに入れ、人数分のセットを作ってから会議室や応接室に持って行きます。 見本[B]のように絵柄が一ケ所にあるデザインのカップは、お客様から見て、絵柄が正面に来るように出します。 これでカップが出来上がる。 応接室や会議室の前までは、胸の高さにかかげて持って行きます。 場所をとるソーサー(受け皿)を重ねることでカップを沢山運ぶことができます。

次の

正しいコーヒーの出し方》来客接客・アイスコーヒー出し方・コーヒーカップ

コーヒー カップ イラスト

(ドアを閉める前、会釈の時に「失礼します」と言ってドアをしめても良いでしょう。 画面右端にあるメニューバーから 「角丸長方形ツール」 を選択し、アートボードの上をクリックする。 ( 鉛筆は3B ここから仕上げ段階ですので丁寧に描き込みましょう(ゆっくりでかまいません) 5 光沢と影 把手と本体との接合付近に影を入れます。 次にコーヒーが入っている表現を描いていく。 シュガーポットの場合については後述します。

次の

正しいコーヒーの出し方》来客接客・アイスコーヒー出し方・コーヒーカップ

コーヒー カップ イラスト

[B] 絵柄がカップの一方だけについているカップ、あるいは、カップの内側の絵やワンポイントが、一方からしか見えないタイプのデザインのカップは、 絵柄がお客様の方から見て正面になるように出します。 ・シュガー(砂糖)がスティックタイプの場合にはスプーンと二本揃える形にして、ソーサー(受け皿)の上に置きます。 [コーヒーを置く場所が少し狭いとき] ・コーヒーを置くスペースが少し狭い時があります。 右か左かについては諸説ありますが、良いコーヒーはまずブラックで一口味わうのが美味しい愉しみ方であり、ブラックで飲む方が向きを変えずにそのまま飲めるようにということでしょう。 上座におられるお客様からコーヒーをお出しします。 ・カップの数が多い場合には、左の見本画像のようにお盆に載せて運びます。

次の

鉛筆でコーヒーカップをリアルに描いてみよう!

コーヒー カップ イラスト

テーブルの上には乗せません。 海外の製品より国産のものが多いかな・・僕は軟水が合うみたいです(笑) ただ、昔から好きで飲んでいるのは コーヒー です。 下記の優先順位に従って持ち手の向きを決めて下さい。 応接室では来客から出します。 ・コーヒーカップの持ち手の位置については、諸説あるのですが、コーヒーをブラックで飲む人がカップを持ってすぐそのまま飲めるように右側に来るようにするという考え方が主流のようです。 来客を長くお待たせしているような場合には、「もう少々お待ち下さい」などと声をかけてから退出しても良いでしょう。

次の

コーヒーカップと湯気の描き方

コーヒー カップ イラスト

空いている方の手でドアを開け、身体が外に出たら、もう一度室内を向いて会釈をしてからドアをしめます。 下図を参考に、カップと同じ幅の細長い楕円形を上に重ねていく。 ・・里美さんメモ・・・もともと絵画に関心のある40代の主婦。 お茶の湯のみは2つめの飲み物をお出ししながらお盆に引上げます。 これはホットコーヒーと同様です。

次の

コーヒーカップと湯気の描き方

コーヒー カップ イラスト

[A] 基本的には持ち手がお客様の右または左のいずれかに来るように出します。 相手の右側または右後ろから一客ずつ部屋の席順について、このページの次の項で簡単に説明します。 (絵柄が正面に来るようにすると持ち手が右側に来るカップが多いようです) 2-1.正しいコーヒーの出し方の5つのポイント つづき (4)できるだけ相手の正面に。 さらに、大きさの異なる楕円形を重ねて型抜きし、持ち手を作る。 グラデーションが見当たらない場合は、画面上部にある 「ウィンドウ」 から探してね! グラデーションの雰囲気を調整するのは慣れが必要なんだけど、右端にあるメニューバーのグラデーションツールを使ってコーヒーらしさを表現していこう。

次の

コーヒーカップと湯気の描き方

コーヒー カップ イラスト

(HB 4 濃い部分の強調 冒頭の画像も参考に、カップのフチと、本体、把手の濃い部分を それぞれ色付けしていきます。 [書類をテーブル一杯に広げて打ち合わせをしているとき] ・コーヒーをお持ちしたものの、図面などを広げた状態で打ち合わせが進行中だったりして、むしろコーヒーが邪魔になることもあります。 デッサンの練習としてまずは一緒にチャレンジしていきましょう! ウェブ絵画教室の生徒さんの 里美さんも一緒に参加します。 カップ本体と、上のコーヒーが入っている部分、そして湯気から出来ていることがわかる。 下書きの段階で、ある程度線を吟味して最低限の輪郭を描いていきます。 最初にカップのボディから描いていこう。

次の

コーヒーカップと湯気の描き方

コーヒー カップ イラスト

。 。 コーヒーカップには、正面が決まっているものと、向きが関係ないものがあります。 [狭くてお客様の後方に回れないとき] ・やむを得ず相手の前から出す時は「前から失礼いたします」と声をかけながらコーヒーを出します。 そうして、出来上がったコーヒーカップと湯気を配置したら出来上がり。

次の