かる ろ ぐろ ち ぇ。 ぐろ〜かるCM研究所

「ぐろ~かるCM大賞2019」2019年の優れたローカルCM・地方PR動画をぐろ~かるCM研究所が発表|株式会社テムズ・ぐろ~かるCM研究所のプレスリリース

かる ろ ぐろ ち ぇ

愕然とする男性の目の前で、猛スピードの自転車と車が衝突!あわや大惨事か…? 「日本一ウィンカーを出さない県」「50分に一回交通事故が起きている」という岡山県で、交通事故ゼロ・プロジェクトを推進する岡山トヨペットのオリジナルCMです。 ネガティブなデータをインパクトのあるネタへと変換することで、大きな話題性の獲得に成功しています。 また、症状を軽減させる目的では、セロトニン拮抗 きっこう 剤やトリプトファン水酸化酵素阻害剤などの薬物療法が行われることもあるが、効果は不定である。 jpで利用いただける予定です。 専門家コメンテータとして、フジテレビ「めざましテレビ」、日本テレビ「スッキリ」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」「のミになる図書館」などに出演。 最新技術をそのまま使用するのではなく、地元ならではのキャラクターに仕上げ、その不思議な空中散歩風景を撮影することで、王寺町にしか制作できない唯一無二のPR動画となっています。

次の

ぐろ~かる CM 研究所が2019 年の優れたローカルCM・地方PR動画「ぐろ~かる CM 大賞 2019」を発表

かる ろ ぐろ ち ぇ

「研究所所長」でCM戦略コンサルタントの鷹野 義昭をはじめ、産業能率大学経営学部教授の小々馬 敦氏、CMクリエイティブ・ディレクターの福谷 匡史氏、さらには脳科学者であるNTTデータ経営研究所 茨木 拓也氏を研究員に加えて、ローカルCM・地方PR動画を「総合」「地域密着度」「インパクト度」「クオリティ度」の4つの軸に対し5段階で評価し、専門家によるコメントがつけられている。 また、動画制作にあたり、全国唯一となる「おばけ屋敷のある市役所」を実現し、一般開放するなど、動画制作だけに留まらない多面的なプロモーション展開も注目に値します。 「ぐろ~かるCM大賞」も本年で4回目を迎えることができました。 人、クルマ、建物、ペットまで、あらゆるものがアレに包まれた街。 県と長野朝日放送(abn)が協力して制作したテレビCMが、優れたローカルCMや地方PR動画に贈られる「ぐろ~かるCM大賞2017」のアイデア賞に選ばれた。 特にPR動画は、いかに独り歩きし、話題性の波に乗って再生の裾野を拡げていけるかといったこともポイントです。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2019」2019年の優れたローカルCM・地方PR動画をぐろ~かるCM研究所が発表

かる ろ ぐろ ち ぇ

2017年度以前のWEBかるちゃーのホスト名をwebcularch1. 記事提供:• 世界的に有名なドラキュラ伯爵や狼男の仕事を現代の労働基準に照らすとかなりのハラスメントが!?「働き方改革」「セクハラ」「ブラック労働」といった社会的に関心の高い問題を、ユーモラスに取り入れたクリエイティブが高く評価されます。 授賞理由 本素材の大きな特徴は、自治体の広報媒体としてテレビCMが選択されていることです。 根治的には外科的切除しかない。 期待感を醸成する内容とテンポ感ある構成で、思わず最後までみてしまうクリエイティブを実現。 山口県立美術館は、オリジナリティある発想で継続的に企画展CMを展開し続けており、その点も注目されます。 <授賞理由> 本素材は、閉園の事実を伝達することで、リピーターや新規の駆け込み客といった来場者の増加を狙ったものと考えられます。 「徹底したバカバカしさ」が秀逸。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2019」発表! 山口県立美術館・鳴門市・姫センらのローカルCM・地方PR動画が受賞

かる ろ ぐろ ち ぇ

youtube. 自治体PR動画は、資産として3年以上活用していくことを前提に考えていくべきでしょう。 実際に食べられる点も驚きです。 2018年12月~2019年11月の期間に同サイトにノミネートされたCMおよびPR動画181素材のなかから、各賞を以下のように決定しました。 株式会社テムズ. 多くの自治体がプロに発注し 数百万円以上の製作費をかける中、 小諸市の動画は第1弾から第3弾まで あわせて1万円未満で制作しています。 また、動画制作にあたり、全国唯一となる「おばけ屋敷のある市役所」を実現し、一般開放するなど、動画制作だけに留まらない多面的なプロモーション展開も注目に値します。 youtube. また、「其の壱 深篇」「其の弐 速篇」「其の参 幅篇」の総集編となる「其の先 再篇」を15秒のテレビCMとして放映し、WEBサイトへの動線を形成したプロモーション展開も秀逸です。 小諸には本当にいいところがいっぱいありますし、 第1作から第3作まで、また四季折々という別の枠のPR動画もありますので、 だんだんレベルアップしていますし、 皆さんに小諸のいいところが市民はもちろんですけど、 全国また世界に発信できればと思います。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2019」発表! 山口県立美術館・鳴門市・姫センらのローカルCM・地方PR動画が受賞

かる ろ ぐろ ち ぇ

テレビCMの戦略立案、コンサルティングを行う株式会社テムズ 東京都文京区、代表取締役:鷹野義昭 が運営する「ぐろ~かるCM研究所」 は、2018年のマーケティング戦略において優れたローカルCM・地方PR動画を発表しました。 加えて、岸田劉生の生き方や芸術性を伝える正統派な「Myway」篇を同時展開することで、インパクトだけに偏らず、CMシリーズ全体として美術展への興味を醸成しています。 今回の審査を通して感じた点は、自治体PR動画のクオリティが年々高くなり、広報戦略を見据えたものが多く見受けられるようになったことです。 せっかく拡散が始まったにもかかわらず、1年間といった契約期間が存在することで、非公開にせざるを得ないことも忘れてはいけません。 市長 「プロの皆さん、CMのマーケティングだとか、 そういうプロの方々が評価して頂いて、 こういう賞を頂けたというのは本当にうれしいです。 取材日誌723 今年度、津久見市が制作したPR動画『「津久見市役所 おばけ屋敷」篇』が、「ぐろ~かるCM大賞2019」の特別賞を受賞しました。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2019」2019年の優れたローカルCM・地方PR動画をぐろ~かるCM研究所が発表

かる ろ ぐろ ち ぇ

2020年も、数々の秀逸なローカルCM、地方PR動画に出会えることを、皆様とともに楽しみにしております。 2019年5月16日閲覧。 <授賞理由> 本素材の大きな特徴は、自治体の広報媒体としてテレビCMが選択されていることです。 2018年12月~2019年11月の期間に同サイトにノミネートされたCMおよびPR動画181素材のなかから、各賞を以下のように決定しました。 特にPR動画は、いかに独り歩きし、話題性の波に乗って再生の裾野を拡げていけるかといったこともポイントです。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2018」 2018年の優れたローカルCM・地方PR動画を ぐろ~かるCM研究所が発表

かる ろ ぐろ ち ぇ

利用を希望する場合は吉永までご連絡ください。 ローカルCMにつきましては、長年ユニークなCM展開を強い信念で継続している企業に注目が集まる結果となりました。 サイトを応援してくださっている皆様方、動画をリンクさせていただいております広告主の企業様ならびに自治体様に深く感謝いたします。 こちらの第2部出版記念パーティーにおいて、「ぐろ~かるCM大賞2018」授賞式を執り行います。 とかく制作の際に費用がかかる版権 出演料 の問題もクリアしていることも見逃せません。 さらに、1本30秒という尺は視聴ストレスがなく、期待感を醸成するクリエイティブとともに、全シリーズの視聴を促すことに大きく貢献していると考えられます。 著書に「CM好感度No1. 「ファインドスター広告ニュース」「ビジネスジャーナル」コラム、月刊「広報」「宣伝会議」等執筆多数。

次の

「ぐろ~かるCM大賞2018」2018年の優れたローカルCM・地方PR動画をぐろ~かるCM研究所が発表|株式会社テムズ・ぐろ~かるCM研究所のプレスリリース

かる ろ ぐろ ち ぇ

「不気味さ」の再現にこだわり、構想1年、試行錯誤2ヶ月を経てつくられたお弁当は迫力満点。 特に「弁当」篇は、斬新なアイデアとクオリティへのこだわりによって、シンプルながらも一度みたら忘れないほど強烈な印象を残すことに成功しています。 まれに、この腫瘍から、副腎皮質刺激(ふくじんひしつしげき)ホルモン、抗利尿(こうりにょう)ホルモンなどといったホルモンが分泌されることもあります。 1000素材を超えるテレビCMの戦略立案・分析・調査に約30年携わる。 「不気味さ」の再現にこだわり、構想1年、試行錯誤2ヶ月を経てつくられたお弁当は迫力満点。 特に、フックとなるフェイクヒストリーの馬鹿馬鹿しさを徹底したアイデアと、CG・VFXを駆使したクオリティの高い映像が高く評価されます。 期待感を醸成する内容とテンポ感ある構成で、思わず最後までみてしまうクリエイティブを実現。

次の